Copyright© 小さなブログライフ Allrights reserved.

ワンズファクトリー/憂木瞳のとにかくアナルが気持ちいい!! 2007/07/28 14:55

ワンズファクトリー/憂木瞳のとにかくアナルが気持ちいい!!

ワンズファクトリー/憂木瞳のとにかくアナルが気持ちいい!!
B000P12KKW憂木瞳

ワンズファクトリー
売り上げランキング : 27657


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




憂木瞳伝説
B000NQRDH4憂木瞳

NEO ATLAS 2007-03-13
売り上げランキング : 55839


Amazonで詳しく見る
by G-Tools








憂木 瞳(ゆうき ひとみ、1973年8月31日 - )は、1990年代初頭から活動している日本のAV女優
1990年代前半を代表するAV女優の一人。


父方の祖母がドイツ人のクオーター。
東京の私立女子高を卒業後、美容専門学校に通っていた時に新宿でスカウトされ、1992年12月、「憂木瞳」名義の『危ない寄り道帰り道』(VIP)でデビュー。
翌1993年1月には「中山アンナ」名義の『おねだり女子校生 うしろから課外授業』(ミス・クリスティーヌ)が発売され、1993年前半までは「憂木瞳」と「中山アンナ」の両名義で活動した。
デビュー時は芸名に通じる工藤夕貴似であることが指摘されることも多く、[「工藤あずさ」名義でのグラビア出演もあった。

あどけないベビーフェイスに加え、色白でスタイルの良いボディ、ハードな本番路線のカラミにより、AVメーカーとの専属契約がなかったにもかかわらず人気が上昇、トップAVアイドルの一人に数えられるようになった。
1993年半ばより出演した『ギルガメッシュないと』(テレビ東京)では、『夜食バンザイ』というコーナーで披露した「裸エプロン」姿が大きな反響を呼び、細川ふみえ、飯島愛に続く番組の看板アイドルになった。

『ギルガメッシュないと』の番組企画の一環として、1993年12月にはイジリー岡田とデュエットしたシングル、『マンゴ・ナタデ・ココ』(ポニーキャニオン)をリリース。
また1994年3月にはやはり同番組の関連イベントでストリップ劇場・浅草ロック座に特別出演し、定員300人のところに1000人の客が押し寄せるという人気ぶりを見せた。
しかし同年4月、番組の収録中に急病で病院にかつぎ込まれたのに続き、6月には収録現場に現れないというトラブルが発生し、同月中には事務所側が急遽引退を発表した。

引退について、当時は病気による体力的な問題と、交際相手の反対が理由と報じられたが、後年のインタビューでは、テレビ出演によるプレッシャーを抱えていたことと、諸般の事情で結婚の必要が生じていたことを理由に挙げている。
交際相手とは結婚したものの、2年後に離婚。
その間、1995年5月には『ギルガメッシュないと』に復活。
同年6月には浅草ロック座でストリップに再デビューし、2000年代以降も一時的な休業期間をはさみつつ、舞台活動を続けている。

2002年2月には「憂木ひとみ」と芸名を改め、『新生』(セクシア)でAVに復帰。
同年10月には『憂木ひとみの個人教授 ボクの素敵なお姉さん』(ソフト・オン・デマンド)でインディーズデビューした。
AVでの活動は1年ほどでいったん終了したが、その後2004年9月には芸名を「憂木瞳」に戻し、『僕らのアイドル憂木瞳がパイパンアナルで復活』(ワンズファクトリー)で再々デビュー。
ややスローペースながら新作のリリースが続いている。




Read more?>>

 | HOME | 

Profile

Name : ryousnow

Free

DVDカテゴリー






Free



Links

Appendix



POWERED BY DTI ブログ

Search

Free


Entries

Comments

Trackbacks

Monthly

Categories

Template designed by GALPOP BLOG + Presented by GALPOP.NET